相続税の基礎知識

 

日常生活で私達は様々な税金を支払っていますが、みなさんは相続税という税金をご存じですか? このサイトでは、知らないと損をする相続税について解説します。 そもそも相続税とは一体どのようなものなのでしょうか?

相続税とは、人が亡くなった際に、その方の財産を相続した人にかかる税金のことを指します。 亡くなった方を被相続人といい、亡くなった方の財産を相続した方を相続人といいます。 財産を相続した相続人は、死亡日の翌日から10カ月以内に申告して支払いを行わなければなりません。 課税の主な対象は土地(田畑、宅地など)、家屋(家、建築物)、有価証券(株式、公債社債など)、預貯金(現金、手形、小切手など)、事業(営業権、農耕具など)、家庭用財産(家具、書画など美術品)、自動車など 、様々なものが課税の対象となります。 また、みなし相続財産というものもあり、注意が必要です。 このみなし相続財産とは、被相続人が死亡したことにより発生した財産(死亡保険金、共済金、死亡退職金、退職年金、郵便年金など)になります。

後ほど、詳しく解説しますが相続税の対象にならないものもあります。 そして、相続税は相続した課税対象の財産すべてにかかるわけではなく、課税最低限というものがあります。 そのほかに配偶者だけに認められている特権(配偶者税額軽減制度)などもあります。 このように、相続税についての知識が不足しているといざというときに損をしてしまうことになります。 自分が相続人になるケースも、被相続人になるケースも十分に準備をしておきましょう。

~PICK UP~
もし不動産を相続してしまい売却を検討する際に役立つ一括査定サイトです →→→ 不動産 売却

Copyright © 2014 意外と知らない相続税 All Rights Reserved.